一般社団法人 滋賀県中小企業診断士協会

私たちは滋賀県を中心に活躍する中小企業診断士の集団です。経営、創業、事業計画作成、マーケティング、ISO、BCPは、実績のある専門家にご相談を!

国際マーケティング研究部会

H28年夏号 37号 国際マーケティング研究部会の近況と今後

 

リーダー 仲西貞之

 

(主旨)

日本における、少子高齢化、人口減少、事業承継での後継者不足、空き家増加、中小企業の廃業等、成熟国家日本の抱える構造的な課題が顕著になっています。

我々診断士は、このような課題に果敢に取り組むとともに、大きなリスクはあるがチャンスも広がる海外でのコンサルタント活動の強化、知識の深化、経験値の拡大、交流の進展に向け、国際マーケティングの重要性が叫ばれています。

ここに滋賀県中小企業診断士協会として、診断士の国際化、グローバル化の一助として研究部会を立ち上げ、運営しています。

 

(これまでの活動)

こんにちまで、2回にわたるタイ・バンコクでの研修で、バンコク・ジェトロでの現地情報収集、地元企業や金融機関訪問・意見交換で、見分を広げてきました。

台湾での当地コンサルタントとの交流、行政機関との連携にも取り組んでおります。

さらに年1回の国際化をテーマとした講演会を行い、2015年度はイスラム教の「ハラール」についての講演で、見分を広めるとともに、ビジネスチャンスも探ってきました。

 

(今年の活動)

9月に3泊4日で、フィリピン・マニラを訪問し、一部上場企業の電線メーカー、平河ヒューテック㈱様の医療用チューブ工場の見学、同じく一部上場企業の電子部品商社、ダイトエレクトロン㈱様との流通情報の意見交換、さらにはマニラ・ジェトロでの現地情報の収集を行うとともに、現地の観光、飲食、ゴルフ等で参加6名の先生方と行動をともにします。

 

さらに8月23日には、坂東電線㈱の宮坂社長をお呼びし、コラボしがで講演を行っていただきます。宮坂氏は中国・東莞での電線工場の運営、事業展開に活躍されたそのご経験、見識をお聞きします。是非参加ください。

 

(要望)

診断士の国際化、コンサルタントとしての実質的な貢献には、知識だけでは不十分です。特に現地での赴任、生活、食事、コミュニケーション、事業立ち上げ、運営、リスク対策、規制対処、人事等の経験ある診断士の部会への参加は貴重です。そのような方の参加とともに、これから国際的な診断士を目指されたい有志、実情を知りたい診断士の方々の参加を熱望します。